Home 時計 エプソンのGPSランニングギア WristableGPS「SF-850」がナイトセールで送料無料の34,800円!

エプソンのGPSランニングギア WristableGPS「SF-850」がナイトセールで送料無料の34,800円!

216
0
シェア

NTT-X Storeにて、エプソンのGPSランニングギア「SF-850PC(クールホワイト)」「SF-850PS(スポーティングブルー)」「SF-850PJ(ジェットブラック)」がナイトセール割引で送料無料の34,800円で販売されています。他の色(中身は同じですが、デザインは旧モデル)として「SF-850PB(ブラック)」「SF-850PW(ホワイト)」もあるのですが、処分価格というわけでもなく割引率がよくありません。言わずと知れた国産のGPSウォッチで、主な目的はランニングなどの野外トレーニングでの使用だと思いますが、個人的には旅行ツールとして活用しています。

まず、スポーツ(トレーニング)で使う場合には有益な、ランナーの日常の健康維持のための活動量計機能が搭載されています。脈拍センサーで脈拍推移、加速度センサーで活動量を計測し、エクササイズ状況と非活動時(睡眠時も含む)の状態を可視化する機能ですが、個人的な辛口感想ですが、部分的にはオマケ要素の強い機能だと思います。睡眠測定機能などは当てにならない(しかも腕につけて寝ないと行けない)ので(個人差あるのかも)、この機能メインに考えて購入するつもりな人は、チョット待ったという感じです。一方で、歩数計と心拍数測定はしっかり機能します。どの機能も「胸ベルト」なしで機能してくれるので(しかもかなり正確)、これは使い勝手の面で大変ありがたいです。計測した数値は本体の液晶画面やWeb/スマホアプリで確認できるので、データを取るだけで活用しないというとことは防げます。

本体の駆動時間は、GPS駆動+脈拍計測で20時間、活動量計のみなら60時間ですので、実用性は極めて高いと思います。個人的には、数年前に台湾メーカーのGPSウォッチを何度が購入(個人輸入)したのですが、駆動時間は数時間程度で、サイズはカブトガニを腕に巻きつけてる感じの大きさでした。それを思えば、本機の厚みの15.2mm(センサー部除く)は満足できるサイズです。
本機の使い方は簡単で、腕につけておけば自動で心拍数、歩数が計測され、推定消費カロリーなども算出してくれます。取得データをサーバ(PC経由)に送って、一日の活動履歴をグラフ化してくれます。データをサーバに残しておけば、スマホからでも記録を確認できるので、励みになります。主にトレーニング用途に合わせて進化している WristableGPS ですが、普通のサイクリングなどでも十分に使えます。トレーニングモードで動作させて、Webアプリ(NeoRun)にデータを転送して、経路を地図に重ねて表示させることは当然できます。この NeoRun から GPS測位ログ を gpx形式でダウンロードできますので、他のサービスでデータを利用することもできます。
なお、心拍計測などがオプションになった「SF-720B(ブラック)」「SF-720W(ホワイトブルー)」「SF-720G(グリーン)」もナイトセールで24,680円で販売されていて、サイクリングなど、GPS機能メインなら本機の方がオススメです。「SF-850」の方はセンサーが時計の裏に搭載されていて、腕につけているだけで心拍数(脈拍)計測はありがたいのですが、この密着感が不快という方もいるようですので、トレーニング主体であっても「SF-720(下のリンク画像)」を選ぶのはアリだと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
家電
スポンサーリンク

返事を書く

コメントをお書きください
お名前をお書きください