Home ソフト 6月30日(金)まで、超オススメなビデオ編集ソフト「VEGAS Pro 14」を含んだ「VEGAS 全部パック」が90%割引の16,800円(税込18,144円)!

6月30日(金)まで、超オススメなビデオ編集ソフト「VEGAS Pro 14」を含んだ「VEGAS 全部パック」が90%割引の16,800円(税込18,144円)!

100
0
シェア


ソースネクストeSHOPにて、当サイトがイチオシしている VEGAS シリーズの割引き販売が6月30日(金)まで限定で行われています。ゲーム制作の分野では本ソフトの愛用者は多くて、映像プロの世界やセミプロのYouTuberの方々は、Final Cut や Premiere などを愛用する人に混ざって VEGAS を愛用者も少ないないわけで、プロ用途としても全く遜色ない性能と機能を備えています。印象としては、映像のみならずサウンド編集にも力点を置くデザイナー(クリエイター)は本ソフトの愛用者が多いように感じます。
リンク先にはいくつかのシリーズがありますが、「全部パック(16,800円)」もしくは「Proシリーズ(中でも特に VEGAS Pro 14 Suite)9,980円」がオススメです。ちなみに、VEGAS Pro 14 Suite の海外の公式サイトの価格は799ユーロ(15日現在のレートだと97,969円)ですので、日本語バージョンが約一万円で入手出来るのはお得です。リンク先に、全部パック、Suite、Edit といくつかシリーズがありますが、主な違いは主力ソフト付属の有無で、全部パックには音源編集ソフト Sound Forge と 作曲ソフト ACID が、Suite には Sound Forge がバンドルされるという点が大きいかと思います。その他、付属素材集や付属解説ビデオなどの違いもありますので、全体としては全部パックが一番お得です。
個人的には同シリーズのソフト(Sound Forge など)が、SonicFoundry社の時代から、わざわざ国内販売代理店を通さずに、海外版をそのままレジストしてきた経緯もあって(当時は為替レートの関係もありますが五万円ほどした記憶があります)、機会がある度にイチオシしています。現在の「VEGAS」の権利は昨年の5月に Sony Creative Software から独MAGIX社に売却されていますので、ちっょと前まであった日本メーカー的な馴染みが薄らぎましたが、本バージョンではインターフェイスなどの使い勝手はそのままで、変化はありません(日本語版の取り扱いは今までと変わりません)。
ここ数年でのバージョンアップによる改良点は微細な点にとどまっている感じはありますが、軽快な動作(編集・プレビュー・書出速度)には磨きがかかっていますので、何十時間とあるような動画の中から10分程度の短いビデオ(カットシーン)を作り込むというような編集にはもってこいのソフトだと思います。特に短いビデオにはサウンド編集が欠かせませんので、Vegas 上で調整したいファイルを右クリック、Sound Forge で開いて編集というプロセスをシームレスに行え、編集後のファイルを Vegas すぐに反映できるというのは、他社ソフトより行いやすいと思います。ちなみに Vegas と Sound Forge だけで 5.1ch のミックスまでできます。
本ソフトは直感的に使えるソフトですが、使いこなすためにはある程度のショートカットを含むキーボード操作を地味に覚えて行くのが前提となります。チュートリアル機能がありますので、習って作業を進めていけばそれなりにすぐ使えるようにはなります。Pro 版に限りますが、編集の際の音声や動画トラックの順番、数に制限がありませんので(PCに搭載されているメモリ容量で実質的制限は受けますが)、どのファイルを使うか、使わないか行き当たりばったりで何気にはじめることもできるのが特徴です。
現在のところ、お手軽価格で簡単に扱えて素人でもプロっぽい動画が作れてしまうソフトとしては最有力なソフトだと思いますので、興味がある方はチェックしてみてください。
(上の記載は特に注がないものはすべてPro版を前提としています)

スポンサーリンク

返事を書く

コメントをお書きください
お名前をお書きください