Home オススメ! 買い切り方のグラフィック・イラストデザインソフト「CorelDRAW Graphics Suite 2019」が45%オフの29,800円!

買い切り方のグラフィック・イラストデザインソフト「CorelDRAW Graphics Suite 2019」が45%オフの29,800円!


ソースネクストeSHOPにて、グラフィック・イラストデザインソフト「CorelDRAW Graphics Suite 2019」が45%オフの29,800円で販売されています。
Mac 版と Windows 版があり、別ライセンスになります。

Adobe の Illustrator にお世話になっている人は多いと思うのですが、最近の Adobe のライセンス方式は割高になりつつあるので、継続できない人も多いかと思います。かといって、「.ai」ファイルが開けない環境に移行するのも困る、時々 eps ファイル触るという人は、何らかのベクター編集ソフトがないと気が休まらないものです。
そこで、一つの選択肢が「CorelDRAW」です。実は Adobe Illustrator と並ぶ老舗のソフトで、当初は Aldus FreeHand(後にマクロメディアに買収され、その後、マクロメディア社がAdobe社に買収される)と三つ巴のユーザーの囲い込み合戦を戦っていました。私は FreeHand 派でしたが、当時のプロは少なからず CorelDRAW 派がいて、レベルが高かったことを覚えてします。余計なことですが、Adobe Illustrator が業界標準になったのは、まだ最近です(Adobe 社がマクロメディア社を合併した時あたりから?)。

り道をしましたが、Corel 社のソフトはクオリティが高く、プロも御用達ですので、Illustrator に劣るということはありません。イラスト作成機能で言えば、下の動画を見ても、遜色ありません。

後に Illustrator では行いやすいのに、CorelDraw だと手間取るのが、お手軽なチラシ作成です。InDesign を使うほどのものではないときは、Illustrator で全て済ませるという人はかなり多いと想像するのですが、CorelDraw はそちら方面はそんなに強くないと感じます。特にテキスト流し込みを行うときは、多少の不便を覚悟する必要があるかもしれません(できないことはない)。逆を言えば、それ以外は優等生であることは変わりないので、ベクターファイルの取り扱いを考えている人、純粋にグラフィックデザインをしたい人、イラストを作成することに集中したい人は、チェックしてみる価値はあります。

スポンサーリンク