しばらくの間、外出禁止が奨励される中、休日のみならずテレワークなどに励もうにも、某かの娯楽が必要です。
ここで、最近私的にコンプリートした世界的に大ヒットした洋ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を紹介したいと思います。

私なりに簡単にまとめますと、大陸の人間同士でまず玉座を奪い合う、でも大陸の北の方からゾンビの集団が襲ってくるかもしれないので、知ってる支配者皆で協力することを打診する。でも協力するなら、分け前よこせ、あるいはそんな嘘ついてそのスキに自分のところに攻め込むのではという疑心暗鬼になる。ゾンビがあるなら、魔法も魔女もあるさ、火を吐くドラゴンもでてくるよ、それでゾンビも含めて国盗り合戦スタート!というストーリーになってます、幼稚なまとめで申し訳ないです。ゾンビはたしか、ホワイトナイトと物語の中ではなっています。一応、アマゾンから引用したものも貼っておきます。
本作品は映画ではなくドラマなのですが、1話ごとにハリウッド映画並みの制作費を入れてるからか、作り物の安物感がありません。4Kテレビの方が絶対楽しめます。

TVシリーズの常識を覆し続けるHBO製作の海外TVドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。長年にわたり世界じゅうのファンを魅了してきた本作は、
HBOが1話につき製作費約1,000万ドルともいわれる巨額を投じ、ジョージ・R・R・マーティンのベストセラー小説「氷と炎の歌」の壮大な世界観を映像化した大人気シリーズ。

架空の大陸ウェスタロスを舞台に、鉄の玉座をめぐる陰謀と策略が渦巻く権力争いが描かれる。綿密に練られた美しい世界観、敵味方の運命が交錯する人間模様。
そして、観る者を魅了するドラゴンや、恐ろしい異形の者たちの存在がウェスタロスを揺るがす。いよいよ“夜の王”率いる“死の軍団”と人類の存亡がかかった最後の決戦が、
かつてないほどのスケールで繰り広げられる。いかに生き、いかに死ぬか。そして誰が生き残り、誰が玉座に座るのか――。歴史的大作が、ついに完結!

なにげに昨年の中頃に第一話を観てみたのですが、第一印象としては中世を舞台にした騎士ドラマなのかなと思いつつ、見続けていくとゾンビみたいなものも登場する感じになり、よくある「アーサー王」伝説のバリエーションだと思い込んでいました。
英国系の映画っぽく、乱暴な言葉や暴力的な性表現、躊躇ない首刈り、男と女の裸体、同性愛、近親相姦、拷問や強姦シーンなどグロさ満開で、子供には見せられない作品ですが、子供は逆にこの手の映像は大好きなことも否めません。
個人的には、まだまだ他にも観たい映画があったので、本作品はスキップしていたのですが、昨今のコロナ騒ぎで引き込もる機会も増えたため、コンプリートできました。

結局、最終章(第8章)まで2週間ほどで見終わったのですが、グロさと裸のシーンは毎話あるという印象です。観客を飽きさせないためのサービスともいえますが、無意味にそのようなシーンを入れてくるのではなく、しっかり伏線をはってじわじわと盛り込んできます。バトルシーンなど日本の戦国時代にも通じるものがありそうで、わかりやすい描写になっています。

上のお金のかけた描写はともかく、陰謀と策略をめぐせらせた権力争いは楽しめます。特に女性はズル賢く描かれていて、戦に負ければ慰みものになってしまう大リスクがある一方、戦に勝利するといかに残酷になるかという描写も、皮肉をこめているのか、西欧の歴史にならっているのか、一番のみどころになります。その代表格の登場人物サーセイ・ラニスター(レナ・ヘディ)は第一話から最終話までしっかり観客を魅了してくれます。それでも、一歩引いて観ることができるのは、ドラマの中ではサーセイの双子の兄弟との間で近親相関があるからで、私を含め観客は「コイツ死んだらいいのに、誰か早ょ殺せよ、でも死んだら面白くなさそう・・・」の感情が入り乱れます。余談ですが、映像中のサーセイの裸体のシーンはすべて代役だと聞いています。

あと、個人的に後半楽しみにして観ていたのは、ドラゴンの滑空シーンです。ドラマの中のドラゴンは暴れん坊で、火を吐きまくって動物・人間を火だるまにして丸焦げにするのですが、知能指数弱めの私などには、最も楽しめる場面の一つでした。ドラゴンのCGもお金をかけたシーンです。

この種のファンタジードラマについては、各個人の気持ちの入れこみ度合いによっても評価が大きく変わると思うのですが、私個人はスターウォーズ・シリーズはほぼ完全に理解して楽しめるけれど「ロード・オブ・リング」はあまり理解できていない、映像を見て楽しむ程度、「ハリー・ポッター」は映画館を途中で退出するレベルです。ゲーム・オブ・スローンズは「ハリー・ポッター」のようにお子ちゃま向けではないので、いい大人のみならず、じいさん、ばあさん世代でも楽しめます。ただし、孫や小さい子供と一緒に鑑賞するなんてことをすると、説明できないシーンの説明を執拗に求められるというジレンマに陥りますので、やめましょう。

リンクは、アマゾンのブルーレイ・コンプリートを貼っていますが、現実的には「アマゾン・プライム・ビデオ」で鑑賞するのがベストです。吹き替え版と字幕版がありますが、字幕版は台詞の情報量が少ないので、吹き替え版をまず観るのがいいかもです。

第一章から八章までありますが、自宅待機中なら十分にコンプリートできますよ。

スポンサーリンク