Home オススメ! 6月21日-22日 Amazonプライムデー開催!独断2021のおすすめ商品!

6月21日-22日 Amazonプライムデー開催!独断2021のおすすめ商品!

スポンサーリンク

ガジェットマニアには見逃せない、2015年から毎年一度だけ開催されているAmazonプライムデー、今年も狙い目の商品が連発しそうです。
Amazonプライム会員向けの大感謝祭で、ジャンルを問わずさまざまな商品が特別価格で販売されます。2021年のプライムデーは6月21日から6月22日までです。

特にコロナで、ネットショッピングが生きがいになっている人が増加しているので、今年も競争率は高いかもしれません。

Amazonプライムに関しては、現在のところすでに会員が飽和状態化しつつあるため、積極的な宣伝が少なくなってきましたが、本サイトでは定番通り載せておきます。Amazonプライムの特典は、本国米国より満ち満ちている「当日お急ぎ便」「お急ぎ便」「お届け日時指定便」「Prime Video」「Amazon Music Prime」「Prime Reading」「Amazon Photos」が含まれています。年間4900円で、月額408円(税込)という金額で、月にビデオを一本でも見ればモトが取れてしまいます。当サイトの閲覧者なら常識ですが、このサービスだけは加入したほうが幸せになれる思います。
なお、学生諸君はまずは半額で始められるPrime Studentを6か月無料体験するのがオススメ!

この記事では、私が昨年買いそびれたアイテムを踏まえて、今年狙い目の商品をピックアップしていきたいと思います。

【狙いたい商品1】 kindle 系デバイス

私は米国アマゾンが初代 kindle を販売した時に輸入してまで手に入れた kindle ファンです。一番のお気に入りはなんと言っても kindle paper white で、2年おきに高容量のものに買い替えています。
小説など文字主体の長編物を読む人は paper white は必須で、これがないと飛行機の待ち時間や新幹線が苦痛で仕方がありません。広告付きと広告無しモデルがありますが、私は広告無しモデルを購入したのですが、広告なしだと無味乾燥の孤独感満杯で、寂しがり屋の人は「広告付き」モデルのほうが安くて便利です。

価格はおそらく、広告付き32GBモデルで12,980円ほどになると思います。私が次に欲しいのは「WiFi+4G 32GB モデル」で、wi-fiを気にせず離島でも楽しめるモデルですが、価格はおそらく2万円ほどになるはずです。

私的には paper white の買い替え年ではありますが、一昨年前に32GBを入手して、いまだ容量に余裕があるので、今年はおそらく「Fire HD 8」を狙う予定です。

Fire HD 8は12時間バッテリー駆動やUSB Type C採用で、アウトドア持ち出しがやりやすくなっています。動画鑑賞をメインにするなら、64 GBモデルでないと使いにくいかもしれません。
価格はおそらく、9,000円以下になります。

主にプライムビデオをながら鑑賞するように利用しようと思っていますが、雑誌系の kindle 書籍の閲覧にも使います。その他の機能にはあまり着目していないので、もしゲームまで楽しみたいのなら他のブランドのchromebookやWindowsタブレット、金銭に余裕があればiPad を手に入れるのがベストです。

【狙いたい商品2】 Microsoft ストア限定 Surface

プライムデーでは、普段は割り引かれない(割引率が低すぎる)アイテムもセールの対象になります。
狙い目は、【Microsoft ストア限定】になっているSurface Laptop 3です。CPU に AMD Ryzen 5、メモリ 8GB、 ストレージ256GBと、価格帯からして並スペックではありますが、Surface Arc Mouse と Surface ペンがセットになっているのでお得感満載です。価格は17万円を割り込ん来るとは思いますが、14万円台で出るという話も聞きます。14万円台前半の価格なら即ポチする人が多くなると思うので、もし希望価格だったときのために覚悟を決めておきましょう。

【狙いたい商品3】 Apple 系アクセサリー

Apple 製品は原則、割引がありませんが、プライムデーでは少なからず割り引かれます。iPad や iPhone はキャリア絡みで人それぞれの入手方法がありますが、Apple AirPods Proのようなアクセサリは安く手に入れるチャンスに出会ったら活用するのがおすすめです。
アクティブノイズキャンセル機能付きの洒落たイヤホンですが、iPhoneやiPadと合わせて使う分には最強です。音質は好みの問題がありますが、私的には不安はない内容です。しかし、マジのクラシックマニアや、音源に忠実な再生にこだわる人は他の選択肢も考えたほうがいいかもしれません。ノイズキャンセリングや、スマホのコントロールのしやすさなどを含めると、総合的にはこちらに分がありますね。

価格はおそらく28,000円程度だと思うのですが、これより大幅に安くなるようなら即ポチでいいと思います。

あと[AirPods Max]:airpodsmも価格次第では検討する余地ありです。アンチAppleでもなければ、装着感もよく、ノイズキャンセリング機能もよく効きます。しかも使っていて幸せ感が湧き出るアイテム、デザイン重視の人は要チェックです。

価格は67,000円を切るあたりかなという感じですが、いずれにせよ大幅割引は期待できません。

【狙いたい商品4】 生活家電コードレス掃除機

別にいつ購入しても役に立ってくれる商品なので、今回限定というわけでもないのですが、コードレス ハンディ クリーナーは狙い目です。
コロナのおかげで部屋を掃除せざるを得ない人が増えているはずで、スティックタイプのクリーナーがあると、掃除の素早さと手間が激減されます。
私自身、いくつかのメーカーのものを試しましたが、アイリスオーヤマ製品は安くて機能もしっかりしているので、まずはチェックしてみたらという感じです。

ちなみに、本製品は連続使用時間が17分(ターボ使用時)で充電時間が4時間30分です。ターボで掃除機を回さないと部屋の床などはしっかりゴミが取れません。一方、机の上程度なら標準モードで十分で、この場合は連続使用が45分程になります。
今まで使ったことない人は、本メーカーに限らず、是非試してみてください。掃除が楽しくなるようなアイテムですよ。

お金に余裕があれば、ダイソンの方が見栄え的にいいですね。

【狙いたい商品5】 DIY・キャンプ用品

災害がいつ来るかわからない日本では備えが大切です。
特に大した災害でなくても、スマホの充電すらできないという状況ではストレスが貯まりすぎますね。

本製品のような、大容量ポータブルバッテリーは一家に一台は備えておいたほうが安心なもので、数日間電気が使えない環境下でも、スマホ4台を同時充電、ノートブックPCでも使えます。

私の場合は星景撮影のために都市の光がほぼない暗闇を得るために、遠くの田舎の過疎空間にまで出向いて、一夜中デジカメのシャッター全開というようなケースでも、最強に役立ちます。オンボロ車内でも、自宅と同じように電源が取れるので、スマホを充電しながらカメラに給電し、電気蚊取り線香をたきつつ、ラップトップでRAW現像みたいなことが余裕でできます。
星景撮影みたいなものは、暇な時間も多いのでラップトップで動画編集しながら、15分おきにカメラの状態を確認しに車外に出るようなことが普通にあります。そんな時に、電源不足を心配しなくていいのは精神的にも撮影的にも楽ですね。

Jackery ポータブル電源1000プライムデーにラインナップされているので、大幅に割引になることが予想できるのですが、おそらく11万円台前半だと予想しています。
11万円切ってくれると手を出しやすいのですけれど。10万円以下になれば2台ぐらいほしいです。

【狙いたい商品6期】 アマゾン限定の食品系

Amazon限定ブランドと称して、スーパーの独自ブランドみたいなものがありますが、中身は言わずと知れた有名ブランド品なので安心です。
ちなみに中身の違いはなく、単に分量が51食分になっているのが通じ用品との違いのようです(通常品は50食分)。

ザバス(SAVAS) ホエイプロテインは、一般に筋トレする人にとっては分量が少なすぎるという不満はあるとは思いますが、たまには日本製のしっかりしたブランド品も試して気分転換も必要ですね。

個人的には、ザバスが一番口に入れやすいと感じています。
プライムデーにラインナップされていて、価格は3,400円前後で出てくると思います。

スポンサーリンク
前の記事手早くハンコを作成するためのお手頃アプリ比較
次の記事FLEXISPOT スタンディングデスクのかしこい購入法